So-net無料ブログ作成
検索選択

江原啓之 塩谷瞬 [江原啓之 塩谷瞬]



江原啓之 塩谷瞬 アシタスイッチを見た!

塩谷瞬 と江原啓之 の対談が始まっていた。

アシタスイッチという番組。

塩谷瞬は、どうやら気をよく使う人らしい。

そのことを江原啓之に話すと、江原啓之はこう言った。


「気は遣う(つかう)んじゃなくて

気は利かすもの」


そしてまた、江原啓之は、塩谷瞬 に対して言った。

「誰にそんなに批判する権利があるの?と思っていましたよ。」

「人間は、そもそも矛盾しているものなんですよ」


この言葉が意味しているもの・・・それは・・・


塩谷瞬の例の女性との騒動がありましたね。

有名モデルと食の専門家との三角関係というか、ダブルで結婚を申し込む

ということになってしまった・・・事件の事だと思いましたが。

確かに塩谷瞬は、あの事件の後涙ながらに謝罪した。



ところが、問題の女性二人はどうだったでしょうか?

悲しみという感情はみじんも感じられなかった。

笑みを浮かべて、その後別のテレビ番組に出演していた。

この時、おかしい 何かがおかしいと思ったのは、私だけじゃなかった

のでは。



塩谷瞬の生い立ちを自身が語った。

物心ついた時には、両親は離婚していたそうです。

幼稚園の時、母の思い出はほとんどない。

テーブルの上に1000円おいてあった。

塩谷瞬は、その1000円を持って、お菓子とか買って食べていたそうです。

栄養失調で時には、倒れたりしたこともある。




そんな生い立ちもあり、塩谷瞬は

子供のころから、自分で生きていくんだ」と思ったと言った。

12歳のころからバイトしていたそうです。



塩谷瞬の顔 佇まいなどを見ていると

なんとなくワビシサを感じ取れる。

それがまた、塩谷瞬の魅力でもあるのでしょうが・・・・。





共通テーマ:テレビ