So-net無料ブログ作成

橋下徹 父親 週刊誌 [橋下徹 父親 週刊誌]



橋下徹 父親 週刊誌


橋下徹大阪市長の父親の出自について10月17日、週刊誌が報じた。


橋下徹 大阪市長の 父親については、暴力団だったということを 週刊誌等で

見聞きしていて知っている人も多いと思う。


今回の記事についてはこうだ。


・橋下徹が小学校2年生の時に死去

・従兄弟が金属バット殺人事件で逮捕

・父親と叔父が暴力団

・従兄弟の男性は、出所後に大阪府議の秘書をしている

・若手弁護士時代、大阪の売春地帯の法律相談を引き受けていた


と言ったことが取り上げられている。


これに対して、橋本大阪市長が反論するのも当然と言えるのではないかと思う。


橋下氏は次のようなことを話している。

自身の父親が暴力団にいたということを認めたうえで


「実の父親に僕は育てられた記憶がない。

そういう父親を持つ僕には、実の父親の人生がどうであろうと関係ないと思っている」


その上で、

「僕の今の政治的な行動について、父親の人生が影響しているというような考え方なのかをお聞きしたい。

(もしそうなら)血脈主義や身分制に通じる恐ろしい考え方だ」


「メディアによる権力チェックはここまで許されるのか」

という橋下徹氏に同意見です。


また、橋下徹氏にも可愛い子供たちがいる。

その子供たちには、何の罪もない。

子供たちは、図太い神経を持った大人たちとは違う。


これからの日本を担っていくことになる

子供達を大切にする心を持ち合わせているのであれば

余りにも醜いペンの暴力はやめて欲しいと願うばかりだ。









共通テーマ:ニュース